記事怪解

アクセスカウンタ

zoom RSS 結局弱い者しか狙えない! パレスチナ人が斧でユダヤ人少年を殺害!!

<<   作成日時 : 2009/04/03 22:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0





お疲れ様です。
怪解人です。

パレスチナ自治区ヨルダン川西岸のユダヤ人入植地バトアインで2日昼過ぎ、少年2人が斧を持ったパレスチナ人の男に襲われ、13歳の少年が死亡、7歳の児童が負傷する事件があったそうです。

根深い対立と恨みが渦巻くイスラエルとパレスチナですが、また犠牲になったのは弱い者たちです。

所詮、いくら自分達の大義を掲げたところで、人を恐怖によって自分達に都合が良い方に向かわせようとするテロ行為は、弱い者しか狙うことができないという事をこの事件が如実に表していると思います。

そして、そのような事で変えた世界を果たして人は胸を張って次代の者たちに渡すことができるのでしょうか。

さらに皮肉なのは、今回負傷した児童の父親は、2002年にエルサレムのパレスチナ人女学校襲撃を企てた罪で服役中の人物であるということ。

人によってはこれを親の因果が子に報いたという方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

ただ、そこにある事実は双方の恨みの矛先が弱い者たちへと常に向けられているという悲しく、そして虚しい事実です。

人は愚かです。
ですが、愚かなだけな存在でもありません。

少なくとも良いものも知る存在です。
いつの日にか、その良いものを元にしてこの憎悪の連鎖が断ち切られる事、弱い者達が無下に傷つかなくて済む日が来ることを祈るばかりです。

そして、同時に我々はそう祈って何ができるのかも考えてみるそういう時があってもいいのではないかと思った今日この頃です。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

リンク

結局弱い者しか狙えない! パレスチナ人が斧でユダヤ人少年を殺害!! 記事怪解/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる